リフォーム費用の相場やリフォーム会社の選び方を知りたい方のためのホームページ

一括見積サイト比較

リフォーム費用の相場を知るために役立つ、リフォーム一括見積サイト。
人気のリフォーム一括見積サイトを厳選して、それぞれの特徴を紹介しています。

あなたのリフォームに最適な一括見積サイトはココで見つかる!

A資金計画を立てる

リフォーム費用の検討をつける

リフォーム内容のイメージがまとまったら
現時点での内容でのリフォーム費用の目安をつけておきましょう。

 

当サイトのリフォーム相場のページでおおよその金額はわかります。
リフォーム会社のサイトなどで紹介されている実例などから目安はつかむことができます。

 

 

リフォーム費用よりも内装デザインや素材の質を重視したい方は
程度に応じて上記に0.5〜1を上乗せしましょう。


リフォーム費用以外の経費や支出等も計算に加える

リフォーム費用以外にも、各種手続き代金や経費がかかるので
大まかにでも計算に入れておくと安心です。

 

その中には、ご近所への挨拶回りや職人さんへのお茶菓子など
細々しているけれど意外とまとまった金額になってしまうものもあるので
下記を参考に対象となるであろう経費の概算を出しましょう。

 

経費一例:

・家具類を保管しておくためのトランクルームなど
・業者の車を止めるための駐車代金
・賃貸料・引越し リフォーム中の仮住まい・引越し費用(住みながらのリフォームの場合、不要)
・近隣への挨拶時の菓子折りなど
・登記費用・税金(登記に必要な手数料や税金)
・地盤調査費(地盤調査を行う場合の調査料金10万円程)
・耐震診断(耐震改修を行う場合の調査料金10?20万円程)
・設計管理料(監理? 設計事務所に依頼した場合の経費。)

リフォーム会社イメージ

 

想定外の経費で意外と多いのが
内装を新調した結果、カーテンや電気などの古さが目立って
結局買い換えることにした・・・というものです。
経費は余裕を持って見積もっておくことをお勧めします。

 

自己資金を把握する

リフォーム費用に充てられる自己資金を確認しておきます。
実際に話が進んでくると、つい理想が大きくなり予算をオーバーしてしまいがちです。
まずは見積もりを取る前の冷静な段階で、予算を明確にしておく必要があります。

 

自己資金を決める際には、貯蓄金だけでなく家族からの支援金や
借入予定があれば実際にどれくらい借りれるかなどを計算する必要があります。
また一般的に、自己資金は最低でもリフォーム費用の総額から最低2割は必要になります。

 

財形リフォームローンでは融資限度額は工事費の8割となっており
2割は頭金として必要となるからです。

 

親からリフォーム資金を援助してもらったら、贈与税がかかる?

通常、年間110万円を超える贈与には贈与税がかかります。
しかし、親から住宅購入資金やリフォーム資金として贈与された場合は
「相続時精算課税制度」を利用して非課税とできる場合もあります。
親の年齢が65歳以上、工事時の床面積が50M2以上が対象です。

 

リフォーム会社イメージ

工事費以外にも税金や諸費用が必要となるので、工事費2割の頭金とは別に
諸費用・予備費用を用意しておくと安心です。
今後の人生設計も参考にしながら返済計画を同時に行い、無理のない予算を立てましょう。

 

借入(ローン)をする場合は、具体的にどこからいくら借りれるかも調べる

リフォーム費用のローンの場合、住宅金融支援機構や補助金を利用できることもあります。
まずは資料を入手して自分のリフォームが対象となるかを調べましょう。

 

 

銀行などのリフォーム用ローンは新築住宅購入に比べると割高です。
それでも借りる可能性がある場合は、事前に銀行などに相談して
きちんと予定を立てておきましょう。
ローンを利用すると所得税の控除があります。詳細要確認!


 

主な補助金制度

リフォームの目的によっては、国や自治体から補助金が出たり
低利で融資が受けられるなどの助成金制度の対象になる場合があります。
実地の内容や時期、有無は自治体によって異なるので、早めに地元の役所などで確認しましょう!

 

●介護リフォーム
要介護・支援認定を受けている人が家にいて、浴室に手すりを付けたり床の段差改修を行う場合
介護保険制度によって助成されます。補助額は上限が20万円です。(内1割は自己負担)
●バリアフリーリフォーム
介護認定に関わらず、高齢者のためのリフォームが助成対象になる場合があります。
助成金や利子補給なども異なるので、自治体で確認してみるましょう。
●耐震リフォーム
1981年の新耐震基準を満たしていない住宅に対して、自治体が助成を行う場合もあります。
助成金の内容や規模は自治体によって異なりますので、地元の自治体に確認してみましょう。
●省エネリフォーム
ヒートポンプ式給湯器やガスを使った効率の良い給湯器、発電機などの取り付けに対して
国の助成金制度があります。
また太陽光発電システムの設置に助成制度を設けている自治体もあるので、要確認です。

 

 

条件に合えばぜひとも申請したい補助金制度。
しかし、条件や規定も詳しく、年によっても異なるので
内容や条件はしっかり確認しましょう!


 

リフォーム費用の予算は、2ライン用意しておく

リフォーム会社イメージ

リフォームの話が進んでいくと、つい予算はオーバーしがちです。
そのため冷静な今の段階で、ベストな予算と、上限としての予算を決めておきましょう。

 

ページトップへ戻る

一括見積もりサイトランキング1位は?

一括見積もりサイトによって、参加リフォーム会社の規模に違いがあります。
参加リフォーム会社の規模の違いで分けた、一括見積もりサイトの上位3位をご紹介します。
タウンライフリフォーム
リフォーム費用イメージ画像

【参加リフォーム会社】 大手〜中堅リフォーム企業

見積り・リフォームアイディア・プランの提案!

「成功するリフォーム7つの法則」プレゼント!

リフォーム費用のイメージ画像

オウチーノリフォーム 
リフォーム費用のイメージ画像

【参加リフォーム会社】 中規模リフォーム会社中心

匿名で見積もり依頼ができる!

リフォーム箇所や目的からも選択可能!

リフォーム費用のイメージ画像

 リショップナビ
リフォーム費用のイメージ画像

【参加リフォーム会社】 大手〜 中小規模

部分リフォームから大規模リフォームまで幅広く対応!

リフォーム会社と直接連絡を取らなくて良い!

リフォーム費用のイメージ画像

リフォーム会社選びで困っていませんか?

関連ページ

@まずは自分の希望を明確にする
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!
B見積もりは必ず3社以上に依頼する
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!
C依頼先の目星をつけ、最終見積もりをする。
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!
D正式契約、リフォーム箇所の最終チェック
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!
Eリフォーム開始前、リフォーム作業中の注意点
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!
F完成・引渡し時の確認点
リフォーム会社の特徴や違い、リフォーム費用の相場の調べ方や見積もりの取り方など分かりやすくまとめました。特に「失敗しない」リフォームの7ステップは一読の価値あり!です。リフォーム費用で無駄な部分は削って、有益な部分にお金をかけましょう!

一括見積りサイト比較 基本の7ステップ 料金5つのポイント 費用の相場とポイント 見積りの取り方